矯正治療に適切な時期

お子さまの矯正治療

子どもの矯正治療は「早ければ良い」と言うわけではありません。
明確な目標を設定し、最も効果的な時期に、効果的な装置を用いて治療することが重要です。効果的な治療開始時期は人それぞれ状態によって違い、その判断などはとても難しいものです。
もし、お子さまの歯並びで気になる部分を見つけた時、一般の歯科医院・学校の検診などで指摘を受けた時は、歯並び専門の矯正医に、早めに受診することをお勧めいたします。
また、そもそも不正咬合がどういうものかもわからない親ごさんもいらっしゃると思います。受診のタイミングの参考としまして、上下の前歯2本が生え替わり、6才臼歯が生えてきた時期が一つ挙げられます。一度この時期に矯正医に受診をし、お子さまの歯並びを確認することをお勧めいたします。

小児の不正咬合による問題点

  • 食べ物をよく噛めない。食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまうと消化器官に負担がかかってしまいます。
  • あごの正しい成長の妨げとなる場合があります。
  • 歯が凸凹している場合、汚れが溜まりやすく、歯磨きがしづらいので、虫歯や歯肉炎になりやすいです。
  • 発音や、滑舌が悪くなる場合があります。
  • 歯並びに対してコンプレックスを抱いてしまう可能性があります。

小児の歯列矯正のメリット

上記の様な問題点の予防・改善はもちろんのこと・・・

  • 成長期に治療を行える為、出っ歯や受け口などの骨格的な問題を改善させる治療が行えます。
  • 永久歯列期の矯正の必要性が無くなる、あるいは永久歯列期の矯正治療期間が短縮される可能性があります。
  • 永久歯の矯正治療時に歯を抜くなどの負担のかかる治療を避けることができる可能性が高まります。
  • 指しゃぶりや、舌癖などの悪習慣の修正・改善に早期に取り組めます。
  • 歯並びに対してコンプレックスを持ってしまった場合、コンプレックスが解消されることによって、心の安定が計れます。

お子さまの矯正装置の種類(抜粋)

ヘッドギア

ヘッドギア

上あごの骨の成長を抑制し、上下のあごのバランスの改善させる装置です。上あごの骨が成長し過ぎるためにおこる上顎前突(出っ歯)のお子さまに使用します。
奥歯にバンド(金属の輪)をはめ込みます。バンドにフェイスボウを装着し、首を固定源にして、後方に引く力をかけていきます。成人のワイヤーによる矯正治療中にヘッドギアを併用する場合もあります。

可撤式拡大装置(拡大床) - かてつしきかくだいそうち -

可撤式拡大装置(拡大床) - かてつしきかくだいそうち -

歯列の幅を広げる装置です。
上の歯列の幅が狭く、歯並びが凸凹している、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期のお子さまに使用します。
上の裏側の歯ぐきに沿うように歯科用のプラスティックの板が覆っていて、中央には「拡大ネジ」と呼ばれるネジが埋め込まれています。
このネジを徐々に回し間隔を広げることで、歯の土台となる歯槽骨を押し広げる構造です。
取り外しができるタイプです。

固定式拡大装置 - こていしきかくだいそうち -

固定式拡大装置 - こていしきかくだいそうち -

歯列の幅を広げる装置です。
上の歯列の幅が狭く、歯並びが凸凹している、乳歯列期や乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期のお子さまに使用します。
バンド(金属の輪)、ワイヤー、中央に「拡大ネジ」と呼ばれるネジから構成されます。バンドを小臼歯、大臼歯にはめ込み固定します。
ネジを徐々に回し間隔を広げることで、歯の土台となる歯槽骨を押し広げる構造です。
取り外しができるタイプより治療効果が確実に出る装置です。

床矯正装置- しょうきょうせいそうち -

床矯正装置- しょうきょうせいそうち -

上の裏側の歯ぐきに沿うように歯科用のプラスティックの板が覆っていて、この板の中にバネやスクリュー型のネジが組み込まれています。
部分的な歯の凸凹をバネなどの力で治していきます。
成人の部分的な矯正治療にもしばしば用いられます。

バイオネーター

バイオネーター

噛み込む力を利用して主に下あごの成長を前方へと促す為の装置です。
上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)、過蓋咬合(咬み合わせが極端に深い状態)で、成長期のお子さまに適しています。
咬み合わせを誘導する歯科用プラスチックの誘導盤と、ワイヤーで構成されます。
取り外しが出来ます。
主に、家にいる時や寝ている間に使用します。

フェイシャルマスク

フェイシャルマスク

上あごを前方に引っ張り、成長の促すための装置です。
上あごの成長が悪くて下顎前突(受け口)になっているお子さま(主に上あごが成長する7~13歳頃)に使用します。
奥歯にバンド(金属の輪)をはめ込みます。額とあごにフェイシャルマスクのパッドを貼り付け、口元のワイヤーと奥歯のバンドにゴムをかけ、引っ張る力をかけていきます。
主に、家にいる時や寝ている間に使用します。

ムーシールド

ムーシールド

あごの成長を利用すると同時に、舌・口の周りの筋肉のバランスを整え、上下の咬み合わせの関係を改善させる装置です。乳歯列期の4歳くらいから下顎前突(受け口)の治療をおこなえる装置です。
早期から治療を開始できる為、永久歯が生え揃った段階で行う第二期治療(ワイヤーによる矯正)を回避できる可能性が高くなります。
上の歯列を覆う透明のマウスピースです。
主に、家にいる時や寝ている間に使用します。

ページのTOPへ移動します。