藤城矯正歯科院長 藤城 康二

藤城矯正歯科院長 藤城 康二

履歴

  • 1977年 日本歯科大学卒業
  • 1981年 日本歯科大学歯科矯正科大学院卒業(歯学博士)
  • 1986年 日本歯科大学矯正学教室講師
  • 1988年 日本歯科大学矯正学教室医局長
  • 1989年 日本歯科大学退職
  • 1989年 藤城矯正歯科を開設
  • 1990年 日本矯正歯科学会認定医・指導医
  • 1995年 医療法人社団敬榮会設立
  • 1998年 日本歯科大学非常勤講師

所属学会

  • 日本矯正歯科学会
  • 米国矯正歯科学会
  • 東京矯正歯科学会
  • 甲北信越矯正歯科学会

院長コンセプト

無料メール相談のご返信

いきなりプライベートな話で恐縮ですが、私の座右の銘は「過去は及ばず、未来は知れず」です。過去は、どんなことがあっても変えられない。また、一瞬先がどうなるかも全くわからない。だから、この今を一所懸命生きるべきである。というものです。
そして、積極的に生きる姿勢へとつながる大きな鍵として歯の存在があると私は考えています。

矯正歯科治療のプロセスの間に内面も比例するかのように輝いていく患者さんが多くいらっしゃいます。矯正歯科治療は自己革命をも起こせるといってもよいでしょう。自分の笑顔に対する自信の有無はそれほどに大きいと私は感じています。そして、さらに矯正歯科治療後はご自分の健康な歯をいつまでも保てる可能性が高いということ。健康面でもたくさんのメリットの鍵となっています。
歯に悩む人にとって、その人が想像している以上のプラス面を矯正治療がもたらす事実を私はいつも見て知っています。そしてそのお手伝いをする事が私の生き甲斐です。

日々の姿 院長01
日々の姿 院長02

矯正歯科における「認定医」と「指導医」の違いは?

日本国内における代表的な団体である日本矯正歯科学会は、矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることにより、国民に適切な医療を提供するために認定医制度を設け、矯正治療に関して適切かつ充分な学識と経験を有するものを「学会の認定医」としています。

「認定医」の資格

認定医の資格は以下の条件を満たす人に限られます。

  • 日本の歯科医師免許を持っている人。
  • 引き続き5年以上の学会会員である人。
  • 学会指定研修機関において必修の研修を含めて5年以上にわたり、相当の矯正歯科臨床経験を持っている人。
  • 学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表した人。

これらの条件を満たして審査に合格し、登録した人に認定医資格証が交付されます。日本矯正歯科学会の認定医制度は平成元年より施行され、現在、日本全国で約2,500人になっています。

「指導医」の資格

指導医の資格は以下の条件を満たす人に限られます。

  • 12年以上の学会会員である人。
  • 2年以上矯正歯科診療に専従している人。
  • 認定医である人。
  • 研修機関において、矯正歯科臨床に関し3年以上の教育歴及び相当の研究業績を持つ人。

これらの条件を満たして審査に合格し、登録した人に指導医資格証が交付されます。現在、日本全国で約500人になっています。

ページのTOPへ移動します。