Q 矯正治療は歯を抜かなければ出来ないのでしょうか?

当院では
できるだけ抜歯をさける方法を心がけておりますが、抜歯をした方がより良い結果を得られる場合に限っては抜歯します。
この件に関しては患者様よりよく受ける質問で、一般的な考え方はこちらを参考にして下さい。大変詳しく記載されております。

日本矯正歯科専門医名鑑 抜歯か非抜歯かー矯正治療における抜歯問題の是非

Q きれいになった歯並びが元に戻ってしまうことはありますか?

あります。後戻りの理由として最初にあげられるのは、動的治療終了後に安定させる為の装置(保定装置)の使い方が不十分な場合です。
しかしその他にも様々な原因で矯正治療後しばらくして歯並び・噛み合わせが悪くなってしまう事は残念ながら時々起こります。
藤城矯正歯科ではその様な患者様には、無期限で無料にてアフターケアを致します。
せっかく多くの費用と期間をかけて治した大切な財産(歯並び)。これを一生保障するのは矯正歯科医として当然の事だと思います。

Q 50歳ですが、矯正は受けられますか?

歯列矯正が可能なのは子供だけだとお思いの方がまだたくさんいらっしゃいますがそうではありません。技術の進歩により、最近では成人の矯正治療は全く普通に行われております。そして、その多くは自分の歯、ひいては自分の心身の健康を、将来的展望を踏まえて真剣に考え、その結果、矯正治療に踏み切る方々が多いです。若い方と同様の治療結果を得ていますし、治療期間も変わりません。50歳代はもちろん60歳以上の患者様もいらっしゃいます。

Q 子供の治療開始時期は?

子どもの矯正治療では、あごの骨の成長期と矯正治療の開始時期を合わせることが大切です。治療開始時期の違いによって治療結果に大きな差が生じてきます。一般的に永久歯が生えそろう前の乳歯が残っている段階で検査や治療を始めると、永久歯が生え揃ってからの本格治療(第二期治療)に向けて万全な準備ができるのです。永久歯治療での抜歯を避けるためにも、自然にスペース作りの準備ができる乳歯段階での治療開始が最適です。
ご両親からご覧になって、お子さんの歯並びに少しでも不安なところが出た時点で、できるだけ早く矯正専門医の診断をお受けすることをお勧めします。

Q 矯正治療中は虫歯になりやすいって本当ですか?

本当です。矯正装置をつけると当然いつもより歯みがきが難しくなり、歯に汚れが残りがちです。
藤城矯正歯科では来院毎のクリーニングはもちろん、丁寧にブラッシング指導を行なっておりますので虫歯の罹患率はかなり低いです。これを機に正しい歯みがきを習慣にしてしまいましょう!

Q 矯正治療は痛いと聞いたのですが・・・

矯正装置を装着して4、5時間で歯が動く準備を始めます。それに伴い、圧迫痛(噛むと「ジーン」とした痛み)が現れることがあります。通常2~3日、長くても1週間程でおさまります。痛みには個人差があり、中には痛みの全く出ない方もいらっしゃいます。

Q 治療方法は患者自身で決められるのでしょうか?

診断の時に治療方法についていくつかのプランを提示し、それぞれのメリット・デメリットをお話しさせて頂き、充分に患者様と話し合って決めていきます。納得を得ないまま治療に入ることはありませんのでご安心ください。

Q 取り外しの出来る装置で治療が出来ると聞いたのですが?

取り外しの出来る装置で治療できるケースはもちろんあります。しかし、あまり大きな移動や、歯を抜くようなケースは一般的には他の装置の方のメリットが大きくなります。メリット・デメリット、また可能かどうかもありますので、まずはご相談ください。

Q 差し歯、ブリッジ等治療済みの歯があっても大丈夫ですか?

全く問題ありません。ただし、場合によっては矯正前後に修正または再治療が必要になる場合もあります。

Q 歯を抜かないで少しだけ歯を削って矯正するという話を聞いたことがあります。
歯にダメージはないのですか?

歯の一番外側はエナメル質という硬い組織で覆われています。そのエナメル質の部分をわずか0.25mm(両端で0.5mm)削る程度です。この量であれば削ることによって歯がしみる、虫歯になりやすい等のご心配はありません。(状況によっては行えないこともあります)

ページのTOPへ移動します。