あなたに合った矯正装置選び

メリット・デメリット早見表

矯正治療の治療費をはじめ、期間や不快感や痛みの感じ方には、個人差があります。
この表は全ての方に当てはまるものでは御座いませんので目安としてお考え下さい。

矯正歯科治療 メリット・デメリット早見表
項目 メタルブラケット セラミックブラケット デーモンシステム 舌側矯正装置
インコグニート
マウスピース型矯正装置
クリア(アソ)アライナー
インビザライン
治療費が安い ×
通院回数が少ない
治療期間が短い
装置が目立たない ×
装置が取り外し可能 × × × ×
違和感が少ない ×
痛みが少ない
金属アレルギーでも可能 ×
どの症例にも可能

矯正装置一覧

メタルブラケット

メタルブラケット

矯正と聞いて、イメージされるのが、この銀色をしたメタルの矯正装置(ブラケット)ではないでしょうか。どうしてもブラケットが目立つという難点がありますが、金属のブラケットは、金属の特性により、薄くて丈夫です!
また、他のセラミックやデーモンシステムなどの装置に比べて、比較的低コストで治療を行えます。

MORE

セラミックブラケット

セラミックブラケット

矯正装置(ブラケット)が歯の色に近いため、メタルブラケットやデーモンシステムに比べて、目立たずに矯正治療を行うことができます。装置を気にされる方にはオススメです!
メタルブラケットに比べ、費用はやや高額となります。治療期間はメタルブラケットを用いた場合と変わりません。

MORE

デーモンシステム

デーモンシステム

今までのメタルやセラミックの矯正装置(ブラケット)の致命的な欠点であるブラケットとワイヤー間に生じる摩擦をゼロに近づけた治療方法です。必要最低限の力で歯を移動することができ、歯にやさしく、しかも従来より短期間で治療を終了することが出来ます。
また、特筆すべきは従来のブラケットに比べて矯正治療による抜歯の可能性が減少した事です。

MORE

舌側矯正装置(インコグニート)

舌側矯正装置(インコグニート)

インコグニートは既成の舌側装置ではなく、患者様一人ひとりに合わせたフルオーダーメイドの装置とワイヤーを3D設計のCAD/CAMを用いたデジタル解析で制作します。薄型の装置ですので発音障害や違和感、痛みが軽減されています。
従来の舌側矯正とは異なり、デーモンシステム同様にブラケットにワイヤーを通す部分がスロットになっていますので、摩擦がほとんどなく、歯を動かす際に必要最低限の力でムダなく的確に、しかも短期間で治療を進められます。

MORE

クリア(アソ)アライナー

クリア(アソ)アライナー

毎回型を取り、透明な取り外し可能なマウスピース型矯正装置を作成し、治療終了まで順々に取り替えていきます。ブラケットやワイヤーを使用せずに歯の並びを治す新しい治療方法です。
食事や歯磨き時にご自由に装置の取り外しが可能ですが、装着時間の目安は必ずお守りください。

MORE

インビザライン

インビザライン

コンピュータを用いて歯の移動を三次元的にシュミレートし、透明な取り外し可能なマウスピース型矯正装置をいくつか作成し、治療終了まで順次取り替えていきます。
ブラケットやワイヤーを使用せずに歯の並びを治す新しい治療方法です!食事や歯磨き時にご自由に装置の取り外しが可能ですが、装着時間の目安は必ずお守りください。

MORE

ページのTOPへ移動します。