舌側矯正装置(インコグニート)

舌側矯正装置(インコグニート)

インコグニートは既成の舌側装置ではなく、患者様一人ひとりに合わせたフルオーダーメイドの装置とワイヤーを3D設計のCAD/CAMを用いたデジタル解析で制作します。薄型の装置ですので発音障害や違和感、痛みが軽減されています。
従来の舌側矯正とは異なり、デーモンシステム同様にブラケットにワイヤーを通す部分がスロットになっていますので、摩擦がほとんどなく、歯を動かす際に必要最低限の力でムダなく的確に、しかも短期間で治療を進められます。

メリット

人に気づかれずに矯正治療を行う事が出来る。
従来の舌側装置のブラケットに比べて小さくて構造が丸みをおびているため、話しにくさや食べにくさが軽減。

デメリット

表側の装置に比べ、違和感が強るサ行・タ行が発音しづらい。一ヶ月程度で慣れる。
上の前歯の装置が下の前歯にあたり、奥歯でものが咬めない場合がある。(3~4ヶ月くらい)
治療費が高い。
治療期間が少々長くなることがある。
ページのTOPへ移動します。