歯科医による知っトク情報

歯が抜けたら牛乳を準備

抜けてしまった歯

事故などで歯に強い衝撃を受けると、歯が動くようになったり欠けてしまったり、抜けてしまったりする事があります。
歯が抜け落ちた場合、歯を元の位置に植え直します。(再植)
一般的に、歯の組織が生きているうちに元の位置に植え直すほど良いと言われておりますので、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

その際に大切な事は「歯根膜」を乾燥させない事です。
※歯根膜とは:歯の根の周りに不着しているプヨプヨしているものです。

歯が抜けてしまった場合、まずはこの「歯根膜」に触れないように歯についた汚れを水で洗い流します。
そして、乾燥を防ぐ為にまずは「牛乳」なければ「生理食塩水」もしくは「お口の中」に入れたまま、とにかく抜けた歯を乾燥させないようにして、歯科医院に持っていくようにしましょう。

また、強い衝撃を受けた後、歯が抜けるなどの症状が特に無くてもしばらくしてから症状が出る事が有ります。
たとえ痛みが無くても、歯を打ったり、歯に衝撃を受けた場合には必ず歯科医院で診てもらうようにしましょう

(参照:日本歯科医師会HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。