歯科医による知っトク情報

お歯黒の成分に虫歯予防効果

お歯黒の成分に虫歯予防効果

歯を黒く染めるお歯黒は、平安時代に女性が成人した印としてはじまったとされ、明治の初期まで約一千年間も続いた日本の風習です。
歯を真っ黒に染めるお歯黒は、白い歯を良しとする現代人には少し奇妙に映るかもしれませんが、当時はそれが成人女性のたしなみだったそうです。
今で言うならお化粧の一部のようなものでしょうか。

「お歯黒のように歯が真っ黒になるものを塗っても大丈夫?」
と思われるかもしれませんが、意外な事にお歯黒には虫歯予防効果があったそうです!お歯黒の主成分は、酢酸に鉄を溶かした溶液にタンニンを多く含む粉を混ぜたものです。このタンニンには、歯質タンパク質を収れんさせ、腐敗を防止する効果があるそうです。
ですから、お歯黒で歯を被うことで虫歯予防効果があります。
また、お歯黒をつける前に、歯の汚れつまり歯垢を楊枝でお掃除していたそうですので、これも虫歯予防に繋がったのでしょう。

事実、昭和51年当時、お歯黒を日常的にしていた最後の人と言われた秋田県の96歳のおばあちゃんの歯は、虫歯がほとんどなく50歳代の歯齢であったそうですから驚きですね。
(参照:8020推進財団HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。