歯科医による知っトク情報

歯の神様にお願いしよう

歯の神様にお願いしよう

歯の神様の存在をご存知でしょうか?
江戸時代中期から後期頃、「歯の神様の信仰」が始まったと言われております。
現代の私たちには歯科医院という頼もしい治療場所がありますが、江戸時代には、殿様・武将・豪商などにお抱えの口中医という医術者が存在しただけで、一般庶民には無縁の存在でした。
当時、歯の痛みは生死に関わる問題だったため、苦しい時の「神頼み」「まじない」として、歯の神様にお祈りしたと言われております。

「歯の神様」として信仰されているものに、白山神社があります。
また、「白山社」「はくさんさん」なども同系列と言われております。
当時は、歯槽膿漏で多くの人が悩みました。
きちんとした治療方法も無い時代、悪化が進み、化膿による口臭から「歯くさ」が訛って「はくさん」となり、白山神社が信仰の対象になったと一説では言われております。

歯の痛み、悩みを癒す目的で祈願などをする神社・仏閣・石像などの数は全国で約三百カ所存在すると言われております。
お近くの「歯の神様」は、日本歯科医師会のHPをご覧下さい。
(参照:日本歯科医師会HP・テーマパーク8020)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。