歯科医による知っトク情報

全身に影響を及ぼす歯周病

全身に影響を及ぼす歯周病

成人の約80%が歯周病にかかっているともいわれます。
歯周病は、歯や歯茎の病気だと思われている方が多いのではないでしょうか。
しかし実際は、歯や歯茎に限らず、歯周病は身体へさまざまな影響を及ぼすと言われています。
歯周病とは「細菌による感染症」です。
原因である歯周病菌は、血流にのって口から全身に運ばれたり、器官から肺へと侵入したりします。
最新の研究では、糖尿病・脳卒中・心疾患・心筋梗塞・肺炎などと歯周病との深い関係性が報告されています。

例えば、糖尿病によって血糖コントロールが悪くなると、歯周病が悪化します。
逆に歯周病が改善するとインスリンが働きやすい状態になり血糖コントロールが改善すると言われています。
全身にも影響を及ぼす歯周病ですが、歯周病の予防には、毎日の歯磨きを徹底することと、定期的に歯科医院でチェックを受ける事が大切です。
また、喫煙・ストレス・食生活や生活習慣の乱れなどが歯周病を引き起こす危険要素と言われています。
・リラックスしてストレスを溜めない事
・栄養バランスの取れた食事をゆっくりとよく噛んで楽しむ事
なども毎日の生活の中で大切にしましょう

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。