歯科医による知っトク情報

朝ごはん前にうがいの新習慣

朝ごはん前にうがいの新習慣

朝起きて、一番始めにすることは何ですか?
という質問には、「顔を洗う」と答える方が多いのではないでしょうか。
では次に、歯磨きはどのタイミングにされますか?
という質問には、「朝ごはんを食べた後」と答える方がほとんどだと思います。
しかし、寝起きのお口の中は、汚れでいっぱいなのをご存知でしょうか。

その理由は、唾液の分泌量に関係しています。
そもそも唾液には、
・食べ物を消化する作用
・虫歯を防ぐ再石灰化作用
・お口の中を中性に保つ緩衝作用
など、大切な役割があります。
しかし、寝ている間は、唾液の分泌量が低下するため、それらの役割も作用せず、歯周病菌など、汚れの原因となる菌が繁殖しやすくなります。
そのため、寝起きのお口の中は、繁殖した菌でいっぱいになり、汚れているという訳です。
朝起きてすぐに朝ごはんを食べるということは、お口の中の汚れも一緒に食べているという事になってしまいます。
ですから、これからは朝一番に「顔を洗う」のと同じように「お口も洗う」つまり、うがいもするようにしましょう。
うがいはお水でも構いませんが、念を入れるかたは、市販のデンタルリンスもおすすめです

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。