歯科医による知っトク情報

タンポポ=ライオンの歯?

タンポポ=ライオンの歯?

春先に見かける愛らしい花の一つにタンポポがあります。
タンポポの英語名をご存知でしょうか?
松任谷由実さんの歌にもあるように、dandelion(ダンデライオン)といいます。
このdandelionのlionは動物のライオンを表し、dandeのdanは歯医者さんのdentistが変形してdanとなったもので、deは英語のofを表しています。
つまり、dandelionを直訳すると「ライオンの歯」となります。
タンポポの葉のギザギザが、ライオンの歯のギザギザを連想させる事が名前の由来だそうです。

そもそも英米人は、dentに対して「のこぎりのようなギザギザの歯」というイメージを持ち、出たり引っ込んだりという感覚で使います。
パソコンのword ソフトで使う、文章の次の行を引っ込めるインデント機能も、このdentが由来です。
また、ギザギザとは意味が異なりますが、程よく茹で上がったパスタをal dente(アル・デンテ)と言います。このdenteも歯の意味で、歯ごたえのあるという意味です。
歯を由来とする言葉は色々あるものですね
(参照:SPACE ALC HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。