歯科医による知っトク情報

フッ素のパワーで虫歯予防

フッ素のパワーで虫歯予防

初期段階の虫歯の進行を抑え、歯の再石灰化に役立つフッ素(フッ化物)。
最近よく耳にするフッ素とは、わかめや魚介類、お茶などにも含まれる、歯を強くする栄養素です。
口内の細菌が、歯についた食べかすに含まれる糖分を分解し、それによって出来た歯垢から発生する酸により歯の内部のカルシウムが溶け出してしまうことで虫歯が出来ます。
痛みのある虫歯や、かなり進行し歯に穴のあいた虫歯をフッ素でもとに戻す事はできませんが、まだ歯に穴があく前の初期段階の虫歯の場合、歯の表面に付着したフッ素がミネラルを取り込んで再結晶化(再石灰化)し、さらに酸に強い歯を作る事が期待できます。

フッ素が配合された歯磨き粉や、歯磨き後に行うフッ素スプレーなどはドラッグストアやスーパーでも入手できます。
歯科医院では、フッ素歯磨きよりもさらに虫歯予防が期待できる「フッ素塗布」を実施していますので、興味のあるかたはお近くの歯科医院にご相談ください。
(参照:株式会社ヘルスクリックHP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。