歯科医による知っトク情報

歯の黄ばみ、気になりませんか?

歯の黄ばみ、気になりませんか?

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ。老若男女問わず、健康的な白い歯は爽やかな印象を与えます。
毎日をきちんと歯磨きをしていても、鏡で見ると歯の色がくすんでいたり、黄ばんでいるように感じる事はありませんか?
そのような歯の着色(変色)の原因は、大きく分けて2種類あります。
1つは、飲食物によって歯の表面にステインと呼ばれる着色性の汚れが付着して起こるケース。
もう1つは、歯の内部が変色しその色が表面に透けて見えているケース。

前者の場合、
緑茶・コーヒー・赤ワイン・チョコレート・カレーなどの色の濃い飲食物に含まれる色素や、たばこのヤニがステインの主な原因となります。
このステインを取り除くにはこまめな歯磨きが欠かせませんが、外出先などでは食後やコーヒーを飲んだ後にミネラルウォーターで口をすすぐだけでも効果があります。
また、食用の重曹を少量、ぬらした歯ブラシにつけて歯を磨くのも効果的です。
重曹には、歯垢の除去や歯茎を引き締める効果もあります。

後者の場合は、
抗生物質の副作用や歯の神経を抜いた後の時間経過によるもの、加齢や歯の外傷などが原因と考えられます。
どちらのケースも歯を白くするには、まずご相談ください。
(参照:サンスター株式会社、ライオン株式会社HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。