歯科医による知っトク情報

歯ぐき瘦せに要注意

歯ぐき瘦せに要注意

近頃「歯ぐきが痩せる」症状や、「歯の削れ」に悩む人が増えています。
硬い歯ブラシや強いブラッシングで起こる「歯ぐき痩せ」もあれば、歯ぎしりや歯を食いしばる事で歯の表面のエナメル質が欠け、その下にある象牙質がブラッシングにより削れてしまい歯が長く見える=歯ぐきが痩せるケースもあります。
「歯ぎしりをしない」という方でも、パソコン作業など何かに集中している時に歯を食いしばっている事が実はあります。

象牙質には神経まで届く小さな穴がたくさん開いており、そこに冷たいものや歯ブラシが触れると神経に刺激が伝わり痛みを感じる。
それが知覚過敏です。
知覚過敏が思い当たる方は「歯ぐき痩せ」「歯の削れ」注意報!

歯周病が原因の「歯ぐき痩せ」の場合、初期段階であれば「スクラビング法」という磨き方で症状が治まるケースもあります。
歯に対して歯ブラシを直角にあて(毛先は歯と歯ぐきの境目にあてる)歯一本半ほどの幅を小刻みに動かして一カ所につき約10秒ほど磨き、歯の表面から歯の裏側へ、一筆書きの要領で磨き進めます。
なるべく力をいれず小さい範囲で歯ブラシを動かしてください。
間違った歯磨き法は歯を傷つけるので、気になった方はご相談ください。
(参照:NHK「あさいち」HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。