歯科医による知っトク情報

歯の黄ばみの原因とホワイトニング

歯の黄ばみの原因とホワイトニング 1

美白ブームは衰えを知らず、歯のホワイトニングも注目されています。
歯が黄ばむ原因として、コーヒー・紅茶・ワイン・タバコなどによる着色や加齢などがあげられます。
特に、お茶類に含まれるタンニン(渋み成分)は、カルシウムや鉄などの金属イオンと結びつきやすく、いったん歯の表面に沈着すると、歯磨きだけでは落としきれない汚れとなります。
例えば、ミルクに含まれるタンパク質とタンニンが結びつくため、ストレートティーよりはミルクティーの方が、またペットボトルの紅茶より茶葉から淹れる紅茶の方が、タンニンを多く含んでいるため、歯が黄ばみやすいそうです。

歯の黄ばみの原因とホワイトニング 2

歯科医院で行う歯のホワイトニングには、レーザーなどを使用して歯科医院で施術する方法(オフィスホワイトニング)や、自分専用のトレー(マウスピース)を作成し、ホワイトニング用ジェルを使用してご自宅で行える方法(ホームホワイトニング)などがあります。
一般的には、歯と肌や髪や唇などの色との調和がとれている時が最も美しく見えると言われていますので、歯のホワイトニングを受ける際の参考になさってください。
(参照:花王クリアクリーンHP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。