歯科医による知っトク情報

世代別歯の磨き方ポイント

世代別歯の磨き方ポイント

乳幼児期、思春期、青年期、更年期。その時々にあった歯の磨き方があるのをご存知でしょうか?

歯が生え始めた乳幼児の頃は歯ブラシに親しむ事からスタート。
好きなキャラクターなどの歯ブラシを用意し、最初のうちは歯肉を傷つけないよう大人が指でおさえながら力を入れずに磨きます。
自分で磨けるようになったら、大人は仕上げ磨き&磨き残しチェックを。
乳歯から永久歯へ生え変わる6〜12歳頃は虫歯になりやすく、丁寧なブラッシングが必要になります。

思春期の頃はホルモンの変化により歯周病にかかりやすい時期。
歯磨きの際に歯肉から出血する、口臭があるなどの症状が現れたら要注意です。
歯ぐきから歯に向かって回転させる「ローリング法」という磨き方は歯肉炎を予防し、歯ぐきのマッサージ効果も期待できます。
大人になると、一度治療した場所が虫歯になる事が多く、詰め物から周りの歯へ虫歯が進行する事も。
毎食後はもちろん、夜寝る前にしっかり歯磨きをするだけでも口内環境は変わります。
加齢とともに歯肉が痩せて歯の根が目立つ様になったら根の部分も、歯の隙間や歯の抜けた場所も丁寧に磨きましょう。
気になる事があれば、歯の磨き方をご相談ください。
(参照:歯の治療マニュアルHP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。