歯科医による知っトク情報

知覚過敏には硝酸カリウム配合

知覚過敏には硝酸カリウム配合

冷たい飲み物や食べ物、冷たい空気や風で歯がしみる、歯ブラシがあたると痛いなどの症状がある場合、「知覚過敏」が疑われます。
本来歯は「エナメル質」に覆われ、外部の刺激から守られています。
しかし、間違ったブラッシング、噛み合わせやストレスによる歯ぎしりなどでエナメル質が剥がれたり、歯周病や加齢などで歯茎が下がり、エナメル質がない部分が露出したりすると、象牙質が露出し、外部の刺激が直接象牙細管から歯髄神経に伝わり、痛みを感じるようになります。

瞬間的な痛みのため、深刻に受け止めない方もいらっしゃいますが、痛みを感じる箇所は歯磨きがおろそかになり、虫歯や歯周病を招く危険性があります。
ご自身で出来る予防法は、まずは正しいブラッシングです。
知覚過敏が気になる方は、歯科医院にご相談ください。
また、ブラッシングにおすすめの歯磨き粉は「硝酸カリウム」が配合されたものです!
硝酸カリウムがカリウムイオンとなって歯髄神経のまわりで刺激の伝達を不正でくれます。
市販でも硝酸カリウムが配合された歯磨き粉が各メーカーから販売されておりますので、歯磨き粉選びの参考にしてください。
(参照:グラクソ・スミスクライン・シュミテクトHP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。