歯科医による知っトク情報

乳歯のときから虫歯予防

乳歯のときから虫歯予防

子供は3歳くらいになると、上下あわせて20本の乳歯が生え揃います。
そして、5~6歳から12歳くらいまでの間にかけて順次、永久歯に生え変わります。
乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質が薄く、虫歯になりやすい性質が有る事がわかっています。
また、乳歯は永久歯よりも虫歯の進行が早く痛みが出にくいため、気づいた時には、虫歯がかなり進行している事も有るため更に注意が必要です。

ほとんどの永久歯は乳歯と同じ場所から生えてくるため、前の乳歯が虫歯になると、永久歯のもとになる組織(歯胚)が傷つき、歯が変色してしまう事もあります。
虫歯になった乳歯を「いずれ抜けるのだから」と治療をせずに抜いてしまったらどうなるでしょう?
永久歯が生えて来る準備が整った時、乳歯は自然に抜けていきます。
その準備が整っていない状態で乳歯を抜いてしまうと、永久歯の歯並びに大きな影響を与える事になってしまいます。

わずか数年で役目を終える乳歯と、長い人生のほとんどをともに過ごす永久歯。
健康な歯で一生を送る為にも、ちいさな時から歯のケアを心がけたいですね。
(参照:「歯の治療マニュアル」HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。