歯科医による知っトク情報

妊娠中も出産後もケアが大切

妊娠中も出産後もケアが大切

赤ちゃんにカルシウムが奪われるから妊婦は虫歯になる?
本当のところはどうなのでしょうか?
まず、赤ちゃんにカルシウムを奪われるという事はありません!
妊婦に虫歯が多いのは、ホルモン分泌の変化で歯肉が炎症を起こしやすかったり、つわりの影響で歯磨きがしにくかったり、妊娠中に歯のケアを怠りがちになるのが原因です。
また、妊娠時の歯科治療については、安定期(4~6ヶ月)が望ましいと言われています。

そして、産まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯の原因であるミュータンス菌は存在しません。
離乳食のスプーンなどを介して、お母さんや周囲の人の口の中にいるミュータンス菌が、赤ちゃんに感染すると言われています。
言い換えれば、赤ちゃんと接する皆さんがお口の中を清潔に保ち、ミュータンス菌の発生を抑えれば、赤ちゃんへの感染も最小限で抑えられ、虫歯を防げるという訳です。
出産後は皆さんで協力して、大切な赤ちゃんを虫歯から守りましょう。
(参照:日本歯科医師会HP)

登録カテゴリー:歯科医による知っトク情報

ページのTOPへ移動します。